ファイナンシャル・プランナー

昔とは違ってきている遺族年金

2-1は、1にはならない^^;

 

個人的には、ネガティブな感情からお金の話しをするのは
あまり好きではないのですが、たくさんのご家庭の
ライフプランを作成させていただいたりお金に関する
ご相談をお受けする中で、すごく気になっている事があります。

 

ご夫婦で年金を受け取られていて、
その時点ではお金の面で大きな問題がないご家庭でも、
夫が亡くなられた場合を想定すると途端に
心配になる場合があります。

 

生活に必要なお金は、2人が1人になったからと言って
半額には、ならないんですよね(>_<)

 

そして、なんとなく昔の日本の家庭をみていると
遺族年金で生活しているお婆ちゃん達が多かったので、
遺族年金でなんとかなると思ってしまっている人が多いのですが、
昔と違い遺族年金も少なくなってきています(>_<)
若ければ若いほど・・・

 

特に厚生年金に長く加入していた妻の場合、
遺族年金が本当に少ない可能性が・・・(>_<)

 

いざその時になって気付いても対策の取りようがないと困るので、
なるべく早い段階でご自身のご家庭はどうか、ご両親の場合は
どうかとシミュレーションをしておく事が大切ですね~^^

働き方と年金のお得な関係

何が良いかは人それぞれ^^

 

60歳で定年退職した後に再雇用制度で勤め続ける場合や
年金を受給する場合などに

 

『どんな風に働くのが、一番お得なのか知りたい』

 

というような質問をされることがあります。

 

 

これは、年金を受け取りながら働いた場合に、
厚生年金に加入すると受け取る年金額が減ってしまったり
止まってしまったりする可能性があるために多くの方が
気にされる点です。

 

でも、この質問は

 

『年金を全額受け取りたい』

 

と思っているのか、

 

『年金が減額されたとしてもお給料と年金との合計額が多い方が良い』

 

と思っているのか、

 

もしくは

 

『同僚や友人に年金が減るから働いたら損すると言われ心配になった』

 

ために質問されているのかなど、人それぞれ・・・

 

 

そのため、その人が本当は何を知りたいと思っているのか、
何を大切にされているのかを確認するため、色々な角度から
ヒアリングをさせてもらいます^^

 

するとご本人も色々なことに気付かれて、実は『得する』ということは
あまり重要ではなくて、それよりも今の仕事にやりがいを
感じているので、年金が減ってもいいから働くことを最優先に
選ばれる・・・ なんてことも^^

 

働くということは、収入を得ることができると共に、
遣り甲斐を得たり人との交流の機会にもなります。

 

収入のために働くのか、遣り甲斐や目的のために働くのかなど、
正解はなく人それぞれなので、定年までの間はもちろんのこと、
定年後もいろいろな道を選べるように早い段階から選択肢を増やして
いける人が増えて欲しいなぁと思います^^

人生100年時代!

先日は、キャリアコンサルタントのお仕事でした^^

 

人生100年時代と言われるようになりましたが、
それを長いと感じるのか短いと感じるのかは人それぞれ^^

 

大切なのはどんな風に理想の人生を過ごすのかと言う事。

 

そのためには、「働く」という事は、
とても重要になってきます。

 

ライフプランを作成していく中でもキャリアを
考えることは大切で、最初のヒアリング段階と、
改善案を作り上げていく段階で、
働く事に意識を向けてもらいます。

 

その時に「自分なんて何もできない」と思って
いらっしゃる方が多いのですが、ご自身で
気がついていらっしゃらないだけで、たくさんの
スキルや情熱をお持ちの場合が多いです^^

 

ご自身では、当たり前になっていて
わからないんですよね~

 

でも、自分が当たり前だと思っていた事が、
実は特別なスキルだと気がつくと、働く事の
選択肢がぐ~んと広がります!

 

選択肢が広がるのと、広がらないのとでは、
その後の行動が全然違ってきますよね^^