働き方と年金のお得な関係

何が良いかは人それぞれ^^

 

60歳で定年退職した後に再雇用制度で勤め続ける場合や
年金を受給する場合などに

 

『どんな風に働くのが、一番お得なのか知りたい』

 

というような質問をされることがあります。

 

 

これは、年金を受け取りながら働いた場合に、
厚生年金に加入すると受け取る年金額が減ってしまったり
止まってしまったりする可能性があるために多くの方が
気にされる点です。

 

でも、この質問は

 

『年金を全額受け取りたい』

 

と思っているのか、

 

『年金が減額されたとしてもお給料と年金との合計額が多い方が良い』

 

と思っているのか、

 

もしくは

 

『同僚や友人に年金が減るから働いたら損すると言われ心配になった』

 

ために質問されているのかなど、人それぞれ・・・

 

 

そのため、その人が本当は何を知りたいと思っているのか、
何を大切にされているのかを確認するため、色々な角度から
ヒアリングをさせてもらいます^^

 

するとご本人も色々なことに気付かれて、実は『得する』ということは
あまり重要ではなくて、それよりも今の仕事にやりがいを
感じているので、年金が減ってもいいから働くことを最優先に
選ばれる・・・ なんてことも^^

 

働くということは、収入を得ることができると共に、
遣り甲斐を得たり人との交流の機会にもなります。

 

収入のために働くのか、遣り甲斐や目的のために働くのかなど、
正解はなく人それぞれなので、定年までの間はもちろんのこと、
定年後もいろいろな道を選べるように早い段階から選択肢を増やして
いける人が増えて欲しいなぁと思います^^